RSS
 

つくだ煮屋さんのお中元

つくだ煮屋のお中元

早割中

・・・ お中元のはじまり ・・・
その起源は、中国の道教にあると言われています。 そもそもお中元とは、7月15日の事。1月15日の上元、10月15日の下元とともに「三元」と呼ばれる重要な祭日の事。中元には罪を許す神を祭り、お供え物をし、その日一日庭でたき火をするという習慣があ りました。

一方日本には、仏教の孟蘭盆会(うらぼんえ… 迎え火や盆踊り、送り火とともにあった盆礼)という行事が行われていました。霊前に供えた品物を、親や親戚、近所の人々の間で取り交わしていたんだそうです。

中元は中国から日本にわたり、同じ日に行われていた二つの行事が、だんだんと結びつきます。

室町時代になり、お盆の行事が死者を迎えてその魂を供養するのに対し、お中元の行事は「今生きている事を喜ぶ」「無事を祝う」という生きている人のための行事に変化。 江戸時代にはその風習はもっと盛んになり、一日だけでは対応しきれなかった人が、中元の日の前後に 贈り物をしたり、手土産を持って挨拶に行くようになったんだそうです。

明治維新後は、使者を使って贈り物を届け礼をつくす・・・といった形にさらに変化。その期間も7月の上旬頃から・・・と、現在のような形に なり、そしていつしか、その贈り物の品物自体の事を中元と呼ぶようになり、「親しい人、お世話になった人にお中元を贈る」ようになったんだとか。

昔包み始めました
鮎甘露煮
昔包み注意事項
通常価格 3,736円
早期割引 3,362円
ご予約受付中

・・・ お中元を送る時期は ・・・
お中元の時期は地域によって異なりますので、近しい方に聞いてみるのが一番よいと思われますが、遠くに届ける際はなかなかわかりづらいもの。

最近ではどの地域も早まる傾向にあるようですが、目安としてよく言われるのが、「関東なら7月1日〜7月15日頃、関西なら7月下旬〜8月15日まで」。これはお盆を行う時期が違うからなのだそうで、関東では7月13日〜15日に、関西では8月13日〜15日にお盆の行事が行われるのだそうです。

このお盆の時期というのが、ポイントかもしれません。

常温保管可能
三河小箱
通常価格 2,460円
早期割引 2,214円
TERIYAKI FISH とワインのギフト
通常価格 4,370円
早期割引 4,052円
TERIYAKI FISH 味くらべ
通常価格 2,370円
早期割引 2,133円
十六夜
通常価格 2,560円
早期割引 2,304円
流星
通常価格 3,020円
早期割引 2,718円
清流
通常価格 1,980円
早期割引 1,782円

・・・ お中元の相場は? ・・・
お中元の相場としては、3,000円〜5,000円くらいと言われておりますが、送る相手との関係性、たとえば、友人・知人に送るとき、直属の上司や仲人さんに送るときとではお中元の金額が変わってくることはあると思います。

しかし、お中元は毎年欠かさず贈る「季節のあいさつ」でありますから、途中で送ることを辞めたり、また途中でお中元の値段を下げたりするのは失礼になるものです。

ですから、1度贈りはじめたら毎年送り続けることがマナーであることを考慮し、最初にあまり高い金額を設定してしまうと、後々後悔することになりますので、自分の負担にならない金額設定をして選んだ方が良いでしょう。

予算別
2000円未満のギフト 2000円〜3000円未満のギフト 3000円〜4000円未満のギフト
4000円〜5000円未満のギフト 5000円以上のギフト

・・・ 喪中の時はどうするの? ・・・
お祝いごとの贈り物、ではなく、普段お世話になっていることに対する感謝の気持ちを贈るものでありますから、ご自身や先方様が喪中の時でも、贈る事は差し支えありません。

ただし、紅白の水引はかけず、白無地の短冊熨斗を…(備考欄でお知らせください)

先方様にご不幸があったばかりの場合は、忌明け後に贈るのがよいとされています。忌明け後まで待つと、時期を逃してしまう場合には、「暑中お見舞い」や「残暑お見舞い」として 贈るようにしましょう。お盆でお供え物が重なる時期ですので、あえて時期をずらすことも、気遣いの一つかもしれませんね。

みんなでワイワイ楽しめるギフト
もみじ
通常価格 1,680円
早期割引 1,512円
秋桜
通常価格 3,570円
早期割引 3.213円
花梨
通常価格 3,970円
早期割引 3,573円
あやめ
通常価格 5,170円
早期割引 4,653円

このほかにも、お中元に最適なギフトや、
もちろん、普段の御使い物などにもご利用いただける。
つくだ煮のギフトをご用意しております。

ギフトを見る

ページトップへ